from SriLanka
ナワラタナ−Prasanga jewels online−インド占星術にてあなただけのnavaratnaをお作りします。



HP作ったらアクセスアップを! アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録



よくある質問Part 5
〜使われている宝石(GEM)について〜


Q1、こちらのお店のジュエリーに使っている石は、3mm、3.5mm、4mmのタイプがあるということですが、厄除け効果的な面では大きい石の方が良いのでしょうか? ?
A1、まず、効果的な面でいえば、石が大きければ大きい方が効果は強いと言えます。スリランカで作って頂くホロスコープにも、アパラ(厄)の強さ(良くない角度にある星の強さ)によって、作用させる石の大きさを判断して記述されています。
スリランカの宝石療法においては、石は3mm以上でタリズマン(お守り)としての効果が現れてくると言われています。ですので、ある程度の大きさのアパラ(厄)まではホロスコープには石3mm以上の記述がありますが、厄が強い場合は、4mm以上や、何カラット以上、というような記載もある場合があります。当ショップでは、このようなことを考慮しまして、通常のアパラムッダは出来るだけコストを削減して、3mmよりも大きな3.5mmの大きさでお作りしております。もう少し、大きな効果を期待される方は4mmサイズの石が入ったものをお勧め致します。
Q2、石は3mm、3.5mm、4mmサイズとありますが、実際見た目ではどれくらい違うのでしょうか?
A2、下の画像をご覧下さい。こちらはルビーになりますが、一番左の大きいものが4mmで、右順に0.5mm刻みで小さくなっています。


こちらは石4mmと3.5mmの違いです。ctでいうと、4mmが0.3〜0.4ct、3.5mmが約0.2ctになります。画像ではわかりづらいのですが、実物は4mmサイズの方が明らかに輝きと存在感が違います。
ダイヤモンドでも、3.5mmサイズですと0.15ct前後、4mmサイズですと0.25ct前後になり、同じカラー、クラリティでも、何万円も差がつきます。


ご覧になってわかるように、石の大きさは直径1mmにも満たない0.5mmの差で随分大きさの違いがあります。年々石の産出量が減っており、石の価格も4年前当ショップがお店を始めた頃と比べると、何倍も高くなりました。
特に産出量が少ないルビーに関しては、当ショップがお使いするのは、ミャンマーなどに産出する蛍光性の高いルビーなのですが、現在は、ダイヤモンドと同じくらいの価格に上がっております。このような背景はありますが、当ショップは独自のルートで3.5mmと4mmのラウンドカットのルビーを、大粒のオーバルシェイプ(楕円形)のルビーを再カットすることによって、丸いラウンドカットの石を作って頂いて仕入れてお使いしています。(ピンクサファイアやブルーサファイアにおいても現在はリカットして揃えております)
数年前よりも石の価格は上がっておりますが、当ショップは特別なルートによって、世界各地の宝石を厳選して仕入れておりますし、私、管理人の目も年々厳しくなって行っておりますので、石の品質も当ショップを始めた当初より数段上がっております。現在お使いしている宝石は、非常に高価ですので、スリランカの現地の人がアパラムッダに使えるものではありません。そういった意味では、こちらのお店のジュエリーは、厄除け・開運といった効果にもプラスして、とてもジュエリーとしての価値も価格以上に素晴らしいものになります。
Q3、商品によってはアレキサンドライトが別料金のものがありますが、それはどうしてですか?
A3、現在、アレキサンドライトは産出量が年々減っていることと、カラーチェンジをすることにより、人気が高まっていることで、非常に入手が難しくなっている宝石です。それによって、0.1ct程度の3mm程度のものでも、ダイヤモンドよりも高価なものもあります。アレキサンドライトは、通常ブルーグリーンからパープルレッド(赤系)に色変わりをする石です。



アレキは「夜になると色が変わる」と考えられているお客様がいらっしゃいますが、そうではなく、日光や蛍光灯下ではブルーグリーン系の通常色であり、白熱灯(丸い電球)下において赤紫色に変化する石です。

ただし、このカラーチェンジの度合いは、石の品質により様々です。また、アレキサンドライトは、とてもインクルージョン(内包物)や傷の多い石です。ですので、価格はインクルージョンや傷の度合い、また色変わりの具合、更にテリや輝き具合によって、本当に価格は様々ですが、殆ど色変わりをしないものでも、アレキサンドライトであれば、他の宝石に比べ、とても高価になります。

アレキサンドライトが必要な理由は、店主ブログ(2012年10月8日付)をご覧下さい。

商品によっては、アレキサンドライトを別途費用で頂く理由ですが、アパラムッダの3種類やブレスレット、ベビーリングは、当ショップでも売れ筋商品です。ご購入頂く方は、厄除け商品ですので、困ってらっしゃる方や問題に直面されている方が多く、当ショップとしてはそういった方でも、オーダーメイドではありますが、出来るだけ買いやすいように価格設定をさせて頂いております。ですので、アレキサンドライトが入らない方は少しでもお安くできるように、アレキが入っている方はその分だけ追加で頂くという方法をとっております。
Q4、では別料金になるアレキサンドライトはいくらくらいでしょうか?
A4、上記にも記載しました通り、アレキは品質によって価格は様々になります。左図は3mmの石(インド産)になりますが、それでも価格が様々です。右図のような超高品質のものもありますが、こちらは3mmでも1個7万円を超える場合もあります。


■2014/2/1:最近は3.5mmサイズの指輪でご注文頂いた場合、3.5mmサイズのアレキご希望の方が増えています。アレキサンドライトは、ここ数年非常に値上がりしておりまして、現在、内包物やキズけの少ない、
輝きの綺麗なもので価格は以下の通りです。
(3.0mm:35000円前後、3.5mm:55000〜60000円前後、
3.8mm前後まではお探しできますが、4.0mm以上はお探しできない場合もあります。)

このように、かなり価格が上がっておりますので、当ショップも出来る限り海外ルートからも、少しでもお安く綺麗なアレキがあれば、入手しておくようにしたいと思いますが、無い場合は通常ルート(御徒町における)仕入れになります。また、ラウンドカットが特に石の高さが必要なため、原石の形状上、難しく高価になるのですが、オーバルシェイプやペアシェイプは少し安価に入手できますので、デザインによってはご無理のないようにご相談いただければと思います。

ちなみに、アレキサンドライトがとても高価であっても、当ショップでお勧めしたい理由は、アレキサンドライトが持っている惑星宝石としての、2極の面からです。
一つはグリーンの冷たい光線、もう一つは赤い熱波としての光線を発することができるため、水星の力を強めること、ケートゥのマイナスの影響を抑えること以外に、複雑な惑星のアパラ(厄)を軽減、抑え、良い方向へ調整していく力があるとされるからです。管理人の私も、初めてのアパラムッダではアレキサンドライトの大きな加護によって、運命が確固とした方向へ形成されたと感じております。ですので、アレキサンドライトのラウンドカットをご希望のお客様は、お早めのご注文をお勧め致します。


当ショップでは、お客様のご希望やご予算内で、その中でも出来る限り高品質のアレキサンドライトを選定しております。超高品質のアレキは理想ではありますが、管理人の経験上、スリランカ産のはっきりとカラーチェンジしないものでも、効果はありました。アレキは、その性質上、緑色の成分を発するものと、赤い成分を発するものが内在しており、これが様々な星の力を調節してくれます。肉眼では、はっきりと色変わりのしないものでも、紫外線ライトを当てると、確実に赤い成分が見て取れます。高品質なアレキは、宝石好きの方の理想ではありますが、そうでないものでも、しっかりと役割を果たす力はあると思いますので、もしアレキが選定されてらっしゃった方は、無理せず自分のご予算とあったものをお選び下さいね。

また、アレキサンドライトは原石の形状により、非常にラウンドカットをしにくい為、ラウンドカットのものはオーバルシェイプ(楕円形)のものよりも高価です。ブレスレットなどジュエリーのデザインによっては、オーバルシェイプの方が大きくて高品質の石を入れられる可能性もありますので、ホロスコープの結果によってはご相談下さい。また、アレキが結果に入っていても、他の石の数を多めにし、アレキを入れなくても他の星のアパラ(厄)をできる限り軽減するような方法で、アレキをいれない方法もご相談に応じたいと思います。
Q5、ホロスコープの結果、ダイヤモンドが入っていた場合はどうなるでしょうか?
A5、こちらもアレキサンドライト同様、ホロスコープの結果をお伝えしてお客様とご相談させて頂いております。極端に金星が凶位置にある方などはダイヤモンドをお勧めしますが、そうでない方は当ショップでは通常はスリランカにおいてはダイヤの代用石である、ホワイトサファイヤをお入れしております。

また、お客様のご希望であれば別途費用になりますが、天然ダイヤモンドもお入れします。ダイヤモンドは、色や透明度、カット具合によって価格が決まりますので、お客様のご予算内で出来る限り高品質のダイヤモンドをお探し致します。当ショップでお勧めしているものは透明度VS2クラス以上、カラー(D〜J)、カットはGOOD以上のダイヤモンドですが、ご予算に応じてもう少しクラスを落としたものなどでもお探しできます。オーダーメイドで、一つ一つ職人さんが手作業で作るジュエリーですので、当ショップも、ご予算内で出来る限り素敵なデザインかつ、効果の強いものをお作りしたいと思っております。
Q6、宝石によってはカット研磨以外に、加熱処理が行われているものもあると聞きましたが、そちらのお店で使われている石はどのような処理がされているのでしょうか?また、全て非加熱・無処理の石でジュエリーを作ることは出来ますか?
A6、もちろん非加熱・無処理の石のみでジュエリーをお作りすることも出来ます。現在、宝石には様々な人為的加工が為されて、美しさを演出し、市場に出回っています。現在では、ルビーや、サファイアなどの「コランダム系」と呼ばれる石も、土から出たままの色で、そのままカットだけされて、市場に出ることは殆どありません。宝石の色目を整える為に、何と8000〜9000度の熱で8時間以上加熱します。時にそれで足りない時は何日も加熱するそうですが、熱処理だけではなく、鉛ガラス性質のものを石に浸透させたり、また、エメラルドにおいては、透明材、ひどい時には緑の着色オイルを浸透させ、石の傷やインクルージョンを目立たなくして加工します。真珠においても、内部に赤色色素を浸透させ、内からピンク色が湧き出るような加工も普通にしてあります。ダイヤモンドにおいても、ピンクダイヤやブルーダイヤの多くは、ブラウンダイヤやあまり綺麗でない安価なダイヤモンドを照射処理し、美しく作りあげられているものも多いのです。このように、現在では、殆どの石において、何らかの加工がしてありますが、一般にジュエリーをご購入される消費者の皆様には、これらの石の人為的加工は殆ど知られておりません。

しかし、これだけ殆どの石に加工がしてあるということは、いかに土から出しカットのみされた石のままで美しい石が少ないかということを物語っています。従って、人為的な色の操作がされていない、非加熱・無処理の石は、非常に希少価値があり、高価です。

当ショップで使う石は、加熱処理のみ、加工を許容しております。というのは、全て非加熱でそろえる場合、シンプルな指輪でもすべてを非加熱にしますと30万前後の追加価格が発生してしまい、お買い求めしにくくなってしまうからです。また石というのは、土中の中の熱によって色が変化しますので、人が手を加え熱処理をすることは、自然界で行われる作用を人が行うかの違いです。石の内部に鉛ガラスやオイル状のものを浸透させたり、レーザーを照射することは自然界ではありえず、石の組成を変化させてしまいます。このような理由により、当ショップでは、加熱のみ、石に処理をしてあるものがあります。詳しくは以下をご覧下さい。

【当ショップで用いる石の種類と処理】

・ダイヤモンド:無処理
・ルビー:通常加熱
・ブルーサファイア:通常加熱(中には非加熱もあります)
・ピンクサファイア:通常加熱(中には非加熱もあります)
・イエローサファイア:通常加熱(中には非加熱もあります)
・ヘソナイトガーネット:非加熱
・ムーンストーン:無処理
・キャッツアイ:無処理
・アレキサンドライト:無処理

このように、コランダム系(ルビーやサファイア系)は、通常加熱になっておりますが、2013年より、非加熱の宝石を当ショップでもお使いすることが多くなりました。そして、やはり非加熱宝石の場合の運命好転のご報告がかなり短期間(数か月)でも多く頂いております。(詳しくは2013年以降の店主ブログをご覧くださいね。)ですので、現在では(出来る限りご予算的にご無理じゃないようであれば)ご希望によりまして、非加熱ルビーや非加熱サファイア、または無処理エメラルドなどもご用意してお作りすることもできるようになりました。

当ショップでは、研究の結果、現在ではサファイア・ルビーに関しては仏教国のみの原産地から仕入れております。(アフリカ産などはとても安価ではあるのですが、とても苦しい土壌でもあり、掘り出された宝石は私見では、乾いた輝きのように感じ、あまりオーラが綺麗ではないのです) 価格帯については、こちらのページに詳しく記載してあります。

右上「カートに入れる」の上、「オプションの詳細はこちら」をクリックしてみて下さいね。

価格はジュエリーの製作費にはもともと加熱石代が含まれていますので、たとえばアパラムッダのサクラマニタイプの中の一つの石を、非加熱にした場合の差額になります。サファイアがイエローが比較的お安く2〜3万円台で、ピンク、ブルーサファイアは4万円〜20万円前後まで。(大きさや色合いによって変わります。)

ルビーはスリランカではめったに産出しないものですから、ミャンマー、ベトナム産が多く、0.3〜0.4ct前後でも、海外鑑別のもので9万円台後半〜日本の鑑別書がついていると、13〜18万くらいになります。少し大きなサイズや、シェイプ、色合いが真紅に近く、内包物の具合で価格が変わってきます。大体、いつも何かサービスできるものをご用意していたりしますので、お気軽にお問合せ頂ければと思います。(決してご無理のないように)

また、大きくアパラを与えている惑星に作用するものだけ非加熱にしたり、こうなりたいというご希望によって、それに対応する惑星に作用するものを非加熱にするなど、加熱と非加熱をミックスして配置するなど、ご無理のない範囲で身の丈に合った、今のご自分にぴったりの宝石でお作りすることをお勧め致しますよ。


非加熱ミャンマー産ルビー(ピジョンブラッド0.7ctUP)
胎児型ですごい透明感、大粒、真っ赤!日本鑑別で価格は50万↑^^;


こちらは全て非加熱無処理のペンダント。(中石:アレキサンドライト)


スリランカ産より、ミャンマー産だとサファイアは少し価格が抑えめ。
が、やはり加熱とは違うピュアなオーラですね。


非加熱鑑別というのは、日本では特別な分析機器による検査を行い、中央宝石研究所など鑑別機関によっては一つの石だけで、産地入り鑑別料が2〜3万円かかります。ですので、ご希望であれば、別途費用がかかりますが、中央宝石研究所において非加熱鑑別をおとりしますが、海外の鑑別機関(GIT)や、日本でも少し安価な鑑別機関にて鑑別をしてもらうことをお勧めします。
非加熱石(コランダム系)の場合は、通常加熱の石より価格が5倍〜10倍以上になりますが、内から発する石の神秘的な力は、もちろん非加熱の方が強くなります。
当ショップでは、石の仕入れ〜デザイン、加工から販売まで全て一括で行っておりますので、オーダーメイドでも他店よりは大分安価にお作りできますし、時には他では探せないような特別な宝石なども、なぜか私たちのところにくることがございます。ご興味がございましたら、お気軽にお問合せ下さいね。管理人の個人的な考えですが、4?の加熱サファイアより、3?でも非加熱の方が効果が出てくると思います。 店主や私達のお店の変化、人生の変化なども2013年以降、非加熱宝石でお作りしてからの方がスピード感と共に歩んでいけたと思います。

(その辺は店主ブログをご覧くださいね。)





店主のコーナー

日本在住17年。
店主のプラサンガです。


こちらのサイトをきっかけにスリランカに興味を持ってくれたら本当に嬉しいです。
こちらで提供している指輪は注文が入ったら、占星術家の方にホロスコープを作ってもらう事から始めます。
現地のゆったりとした時間の流れの中で、できるだけ皆様のご希望に添えるよう努力していきたいです。

店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら


当ショップのジュエリー画像は私達で撮影していますが、 背景の南国素材の多くは写真家 広瀬睦さんの作品です。

(c)Makoto Hirose/e-photography.co.jp

html知識ゼロの管理人が、ネットショップを簡単に作れたのは、これのおかげ!!

しかも、一ヶ月875円でショップがもてるんですよ〜!すご〜くおススメです!