from SriLanka
ナワラタナ−Prasanga jewels online−インド占星術にてあなただけのnavaratnaをお作りします。



HP作ったらアクセスアップを! アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録



よくある質問Part2
〜ジュエリーを製作するにあたって〜


Q1、こちらのジュエリーに製作する前の石は、何かお祈りなどするのですか?
A1スリランカでは基本的に「すぐ祈る」ことは当たり前で、宝石を発掘する際には、どんな坑夫たちでも、まず神仏(この場合、仏陀とヒンドゥー教の神々(「ラクシュミー」「ガネーシャ」「カタラガマ」あたりになりますが)に祈りをささげ、掘る日にち・時間帯も占星術によって決めて、掘ります。 また土の中を深く掘って土砂ごとザルで下から出すのですが、それを洗浄するときにも、必ず祈りをささげます。スリランカでは宝石を採掘する場合に祈りを捧げるのは何も特別なことではないのですね。
Q2、作ってもらったジュエリーは、どこかの寺院で祈祷などを行うのですか?
A2、はっきり申し上げて「祈祷」は致しません。 宝石それ自体に、惑星宝石としてのパワー(光線)があると言われているからです。スリランカでは、仏教とヒンドゥー教を混在して信仰しています。本来の仏教の仏様は、日本のような「お願いを聞く」存在ではありません。神様ではないのです。自分が正しい道にいけるようにお導き下さる存在と言えるでしょう。では誰に祈りを捧げるのかと言うと、ヒンドゥー教の神々へです。スリランカでは、仏教とヒンドゥー教の両方を信仰していますので、仏陀の下にヒンドゥー教の神々がしたがえていて、個々人の人々の願いを聞き、お守り下さるという考え方です。

そこで「スリランカで祈祷」を本格的にするのはヒンドゥー教の神々の力を借りなければなりません。これは何時間もかかったり、厄の強さや、時には科学では説明できないものに憑依されていることによっては何日もかかる大変な儀式なのです。そのような儀式はよほどの場合でない限り、お願いをする本人がそこに立ち会わなければできません。またこういった儀式は仏教寺院では行いません。日本では仏様と言えば、何かお願いを叶えてくれる存在のようですが、本来の仏教では仏陀は「正しい道」に導いてくれる存在であり、「お金持ちになりますように」や「素敵な人と結婚できますように」というようなお願いをする存在ではないからです。

またスリランカには正直に申し上げますと、お金儲けを主眼としたあまり修行を積んでいない僧侶がいるヒンドゥー寺院や仏教寺院も少なくはありません。まるで日本のコンビニのようにそこら中に寺院があるスリランカですので、本当に博識で、修行を積んだ僧侶がいるところでなければ、このような「祈祷」をしてもあまり効果を期待できません。ですので、当ショップでは軽はずみに「祈祷」はできません。もしするようになれば、きちんとスリランカのどこの寺院で行うか(強力な方ですと寺院にもいない方もいます)、どのような方が儀式を執り行うか、全て明記したいと思います。
Q3、ジュエリーは他の人が触っても大丈夫でしょうか?
A3、全く問題ありません。宝石を採掘して、ジュエリーに製作し、私どものもとへ届くまでに様々な人がそのジュエリーに関わっており、触らざるを得ません。日本へ到着し、私たちの元へ届いた時点で、夜から朝方までお香を焚いてお清め致します。それをお客様の元へお送りするわけですが、現在ではお香を一緒にお送りしております。身に着ける前に一度そのジュエリーがご自分のものとしての使命を果たすように気持ちを込めて、お香を焚いてお清めして下されば、他の誰が触っても大丈夫です。

ただ、自分がちょっとでも「いやだな」という感覚があったり、あまり見られたくない人にじろじろ見られたり、触られた場合は、洗浄とお香での浄化をお勧めします。洗浄は、柔らかい毛の歯ブラシに石鹸をつけてシャコシャコ、優しくジュエリーの表と裏を洗ってあげて、きれいなお水ですすいで下さい。そして、お香をたいて、数回お香の煙をくぐらせた後、お香をたいている横で、ジュエリーケースの蓋を開けたままにして、数時間おいて下さい。お香を1本ではなく、2本以上たき続ける方が良いようです。そして、またクリーンになりましたら、新たな気持ちで身に着けて下さいね。

ちなみにスリランカでは、よく「アパラムッダ見せて〜」と言えば、簡単に外して見せてくれますよ。よくお香を焚くスリランカでは全く問題ないわけです。またお塩によるお清めは、きれいなお水と粗塩を混ぜたものでさっと洗うか、お塩を盛った上に1日そっと置くのは効果がありますが、ジュエリー自体をお塩の中に埋まるように入れて長時間置いてしまうのは、貴金属(特に金)の性質上、劣化を促進してしまいますので、お気をつけ下さいね。
Q4、ちなみにスリランカで本格的な祈祷ってどういうものなのでしょうか?
A4、本格的に祈祷やお願いをする場合は、日本で言うと、何年か前にテレビで放映しておりました「オーラの泉」に出てくる江原さんのような方(あちらではサーッタラと言います)にお会いして、見てもらいます。  私も行きましたが、その方は、ヒンドゥー教の神が降りてきて(そのときはカタラガマ神でしたが)、私を見れば、即座に私の過去や今の問題、状況、今後のことなど的確に言ってくれます。そして問題があればその解決法なども教えてくれるんです。  また、スリランカでは人々の問題は、星の影響と自分の因果だけではなく、他の人々が自分を思う妬みやうらみなどがそれを発生させているとも考えられています。そういった悪い影響を断ち切るための「ライム」を使ったお払いをする儀式をして頂きます。 これが、スリランカでいう本格的な「祈祷」です。

ご興味があって、スリランカへご旅行へ行かれる機会がありましたら、サーッタラをご紹介致しますので、メール頂ければと思います。(ただ、いつ行ってもできるかというと、サーッタラ自身がデーワーレと言われるヒンドゥー教寺院にしょっちゅう行っていたり、昼ご飯を頂くとパワーがみれなくなるそうですので、うまくチャンスがありましたら巡り合えるのじゃないでしょうか。




店主のコーナー

日本在住17年。
店主のプラサンガです。


こちらのサイトをきっかけにスリランカに興味を持ってくれたら本当に嬉しいです。
こちらで提供している指輪は注文が入ったら、占星術家の方にホロスコープを作ってもらう事から始めます。
現地のゆったりとした時間の流れの中で、できるだけ皆様のご希望に添えるよう努力していきたいです。

店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら


当ショップのジュエリー画像は私達で撮影していますが、 背景の南国素材の多くは写真家 広瀬睦さんの作品です。

(c)Makoto Hirose/e-photography.co.jp

html知識ゼロの管理人が、ネットショップを簡単に作れたのは、これのおかげ!!

しかも、一ヶ月875円でショップがもてるんですよ〜!すご〜くおススメです!